『愛液』について。
セックスについて考えると、「愛液」というものの理解は必要です。
「公序良俗」の範囲内でまとめてみました。

87bbef909558f571cf84d7967f4f48a2_t

(ちつえき)、愛液(あいえき)、マン汁ともいう。 平常時でも一定量は分泌され、膣の粘膜を湿潤に保ち、膣の自浄作用を担っているが、性交時には腟内を保護する潤滑剤の役割も担っている。子宮頸部から分泌され、膣口から排出され膣分泌
7キロバイト (878 語) - 2022年1月3日 (月) 14:32




『愛液』について
鑑賞者と芸術がともに思考する作品を求めて。石田裕己評「惑星ザムザ」展
…を開始する。それは芸術作品の制作の根拠を、書物的な理性ではなく、インクや愛液、紙、明滅、線、面、電気信号、塩基配列、振動、空気といったマテリアルに求め…
(出典:美術手帖)

『愛液』についてのコメント紹介

kidax
@kidax009

@fenrir_u66 ということは、、、、アソコも愛液が少ないと摩擦でいたくなる、と。うん、当たり前と言えば当たり前。

2022-07-09 06:37:49

(出典 @kidax009)

あ。/買い手(Sub)
@Aa_01_Sub

買い取っているものリスト・下着・動画・画像・スパッツ・オナテンガ・母乳・愛液その他応相談

2022-07-09 06:32:51

(出典 @Aa_01_Sub)

みるくぴっち
@milkpich

壁はもちろん天井まで愛液や精液のシミだらけになったヤリ部屋は後輩に譲って今日から新しいセックスルームでの性活が始まる

2022-07-09 06:23:04

(出典 @milkpich)